メルテック PC-200を買ってみた。

meltec pc-200(バッテリー充電器)の使用レポートです。

充電量リサイクル品だからという訳でもないですが、使用開始前(新品時)のバッテリーの電圧やメルテック PC-200で充電量を測定したらどのような数値になるのか興味深いですね。そこでさっそく測定してみました。

 

まずはメルテック PC-200を使用して充電量を測ってみました。結果は写真の通り充電量100%でした。お店の説明書きに「満充電済みの即使用できる状態でお届けします」とあるのでもし100%でなかったら困りますが…。

 

ちなみに充電量はメルテック PC-200が電源オフ状態の時に本体の表示切替ボタンを押している間しか表示されないため、右手で表示切替ボタンを押しながらの携帯電話による撮影だったのですが、少々ピンボケ気味ですね。この仕様のおかげで車が100V電源の取れない場所にあっても手軽に充電量の測定ができるので重宝してます。

 

電圧測定次に手持ちのテスターで電圧の測定をしてみました。MAX50Vのレンジに合わせてあるので黒い目盛と中段の数字を見ればOKです。アナログテスターなので大体ですが13Vですかね。MAX25Vのレンジがあればもう少し細かく読み取れたのですが残念!

 

リサイクルバッテリーのコンディションとしてはなかなか良好ですね。今後も定期的に充電量や電圧を測定してみたいと思います。使用開始前(新品時)のベストな状態の数値を知っていればバッテリー寿命の判断に役立ちますね。

関連記事

タグ:

ページ上部に